独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

臨床研修医概要

研修理念

当院は、多診療科を有する地域の中核病院として、救急医療、がん治療、小児周産期医療など豊富で幅広い症例を背景に、初期研修医に対して、チーム医療の中で、医療の基礎知識、総合的診断能力や基礎的医療技術の修得を目指した研修を実施しています。当院での研修を通して、医師としての社会的使命を認識し、生命に関わる倫理の向上や人格の涵養を図り、どこでもどのような立場でも活躍できる能力を備えた医師の基礎を形作ります。
研修医の自主性が尊重される研修システムであり、積極性のある研修医は臨床経験も豊富となり、大きな伸びが期待できます。

病院概要

病院機能評価認定病院であり、地域がん診療拠点病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、などに指定され、熊本県南部における公的中核病院として、救急医療をはじめとする幅広い地域医療に積極的に取り組んでいます。

令和元年度実績

病床数 410 床
入院患者数(1日平均) 362.0人/日
新入院患者数(1日平均) 27.3人/日
外来患者数(1日平均) 586.9人/日
紹介率 80.10%
平均在院日数 13.2日
年間分娩件数 109件
年間剖検件数 4件
電子カルテ FUJITSU EGMAINGX 2018年更新

救急医療内容

当院の救急医療の特徴 八代市・郡内はもとより、熊本県南地域からの救急患者を、ヘリも使用しながら24時間体制で受け入れている。小児科、産科の救急対応も行っている。
救急専用診療室の有無
診療体制 時間外は内科系外科系各1名の当直医師とICU管理当直医師の3名が常勤し、必要に応じて、各科が待機制をとって容易に専門医の共診が可能であるため、幅広い疾患に対応でき、また緊急手術やカテーテル処置が随時可能である。また、脳梗塞に対するt-PA対応も可能である。時間内は、内科系、外科系各1名の救急外来担当医師が、消防隊からの直通電話をうけ、初療とトリアージにあたる。
救急外来患者数(1日平均) 34.1人/日
救急車(ヘリを含む)搬送件数(1日平均) 4,173人
年間心肺停止状態搬送件数 48人

教育体制

研修管理委員長 松村敏幸(副院長、循環器内科部長)
研修管理委員数 42名 うち 外部委員5名 医師以外8名
図書室
インターネット利用環境 有(院内LAN, WiFi),UpToDate導入有
シミュレータ 隣接する労災看護専門学校に有
研修医の院内居室 占有の机と、研修医室 有

研修医募集について

意欲的な方からの募集をお待ちしております。