熊本労災病院

病理診断科

 病理診断科では、当院の理念である良質で信頼される医療に貢献するために、診療で提出される患者さんから採取された組織検体や細胞診検体を用いて、病理診断を行っています。全身の組織(頭頸部、食道、胃、十二指腸、大腸など消化管、肺、肝臓、胆嚢、胆管、膵、卵巣、子宮体部、子宮頸部、膀胱、腎臓、前立腺、皮膚、骨など)の生検や手術標本の診断を行っています。また、細胞診標本(胸水、腹水、肺、膵、胆汁、子宮頸部・体部、甲状腺、乳腺、リンパ節など多彩な穿刺吸引細胞診断を行っています。これらの診断により、患者さんの手術や化学療法の治療方針の決定がなされることになります。組織検体から免疫染色や遺伝子解析から、化学療法の選択に寄与する情報の提供も行われています。

 術中迅速組織診断により、手術中に断端やリンパ節における癌の有無、腫瘍の良悪の判定を行っています。また胸水、腹水、洗浄液における術中迅速細胞診も行っています。

 当院で不幸にして亡くなられた患者さんに対して、病理解剖が行なわれることがあります。病理解剖により、最終的な死因や、生前の臨床診断の確認、病変の広がりや治療効果の判定、時に予想していない病変が見出されることもあり、診断治療の検証の機会となっています。

施設認定

  • 日本病理学会研修認定施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設

スタッフ紹介

  • 栗脇 一三

    病理診断科部長

    栗脇一三
    病理診断科部長 栗脇一三
    資格・認定
    日本病理学会認定病理専門医、日本病理学会専門医研修指導医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、厚生労働省認定死体解剖資格、臨床研修指導医講習会修了
  • 井上 博幸

    臨床検査技師

    井上博幸
    臨床検査技師 井上 博幸
  • 園田 鮎美

    臨床検査技師

    園田鮎美
    臨床検査技師 園田 鮎美
  • 関本 香純

    臨床検査技師

    関本香純
    臨床検査技師 関本 香純
  • 田中 寛大

    臨床検査技師

    田中寛大
    臨床検査技師 田中 寛大
  • 川野 陽子

    臨床検査技師

    川野陽子
    臨床検査技師 川野 陽子

診療実績

R2年度 R3年度 R4年度 R5年度
組織診断 3,800件 3,337件 3,889件 3,439件
術中迅速診断 96件 118件 129件 108件
細胞診断 3,172件 3,413件 2,741件 2,759件

取り組み

液状化細胞診(Liquid-based cytology, LBC法) 子宮頸部細胞診の直接塗抹法から、専用保存液で回収保存した検体を用いるLBC法へ移行2017年

液状化細胞診① 液状化細胞診②

ROSE(Rapid On-Site Evaluation)迅速細胞診

検査中にベッドサイドで行う細胞診検査。その後の検査や治療方針を仮決定する参考情報、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診EUS-FNA(Endoscopic Ultrasound Fine Needle Aspiration) 、気管支鏡下、内視鏡下での肺、気管支、縦隔リンパ節、膵などの生検

ROSE迅速細胞診
79歳男性、膵頭部20mm、経十二指腸的EUS-FNA

がん遺伝子検査、コンパニオン診断と抗がん剤の選択のために、固定方法と固定時間の 管理されたパラフィンブロックの作成、保存

乳癌
ER、PgR、HER2、PD-L1、HER2低発現など
肺癌
オンコマインDxTaget Testマルチ46遺伝子解析(FFPE)(あるいはAmoyDx肺癌マルチ遺伝子PCRパネル検査(FFPE))でのBRAF、 EGFR、 ALK、ROS1、RET、KRAS、またPD-L1(22C3)など
大腸癌
HER2、 RAS・BRAF遺伝子変異解析など