独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

化学療法センター

 日本人の2人に1人はがんをわずらい、死亡原因の1/3はがんが占めると言われています。「がん対策基本法」の制定によって当院のようながん診療連携拠点病院を中心にがんの予防、治療に重点がおかれるようになりました。がんの治療は、手術療法、化学療法、放射線治療を柱として行われますが、この「化学療法センター」は特に外来での化学療法(抗がん剤治療)を中心に行うところです。

 皆様が快適な環境で安全に化学療法を受けられるように、がん治療認定医、薬剤師、看護師を配置しています。以前から化学療法室として存在していましたが、今回「化学療法センター」として生まれ変わりました。さらに心地よい、安心感のあるスペースとして機能していくことをこころがけています。

  • 化学療法室
  • 化学療法室

お知らせ

現在お知らせはございません。

特色

がん患者様への診察時の同席やがん相談について

 当院では、外来や入院病棟にて、がん看護分野の認定看護師を中心にがん患者様の相談に対応しています。具体的には、医師と看護師が共同してがん患者様へ治療方針等について提案する際、患者様がその目的や期待される効果を理解し、納得した上で治療を受けていただくための説明を行った場合、がん患者指導管理料1を算定しております。また、治療過程において、患者様の心理的不安を軽減するため、認定看護師が面談により精神的ケアを実施した場合、がん患者指導管理料2を算定しております。

スタッフ紹介

富安 真二朗

役職
化学療法センター長