独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

八代地域リハビリテーション広域支援センター

 平成24年度から八代地域リハビリテーション広域支援センターで責任者をさせて頂くことになりました。

 今年度は「介護予防医療」「地域包括支援センターとの連携」に加え、「情報の発信・共有」を図ります。当センターのホームページを情報源として、地域のリハビリ従事者の方に「見たい」「役立つ」と感じて頂ける情報提供を行う予定です。どうぞ、よろしくお願い致します。

担当責任者 西田充征

地域リハビリテーションとは

 障害のある人々や高齢者及びその家族が住み慣れたところで、そこに住む人々とともに一生安全にいきいきとした生活が送れるよう、医療や保健、福祉にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合って行う活動の全てを地域リハビリテーションといいます。

 熊本県では、平成12年度から地域リハビリテーションの体制を整備するために各圏域(熊本、宇城、有明、鹿本、菊池、阿蘇、上益城、八代、芦北、球磨、天草)に地域リハビリテーション広域支援センターを設置し、平成19年度からは高齢者の生活を支える地域包括ケアの中核機関として地域包括支援センターを市町村に設置しました。

 八代圏域においては、当熊本労災病院が八代地域リハビリテーション広域支援センターに指定され、八代市・氷川町を対象に「介護予防・地域のリハビリテーション関係機関との連携」を念頭に置き、圏域内の地域リハの従事者の方に対して相談の対応や実技指導、研修会の開催、ホームページを使用した情報の発信等による知識・技術的支援を目的に活動しています。

お知らせ

一覧へ

特色

熊本県地域リハビリテーション推進体制

熊本県地域リハビリテーション推進体制
熊本県地域リハビリテーション推進体制
八代地域リハ広域支援センターの役割は?
市町村等が行う介護予防事業等に対する支援
  • 介護予防事業等への講師派遣などの人的支援
  • 介護予防事業等に関する知識・技術の相談対応
関係機関の従事者への支援
  • 研修会の開催(年2回)
  • ホームページ上での情報発信
  • リハビリテーションに関する知識・技術の相談対応
リハビリテーション関係機関、団体との連携
  • 連絡会議の開催
  • 推進会議への参加
その他
  • 運動器評価事業への協力・支援・参加

リハビリテーション情報

杖と装具のチェックポイント

利用者様も使われている「杖と装具のチェックポイント」について紹介いたします。
日常場面で注意して頂くことで、ケガや転倒等の事故予防に繋がります。役立てて頂けると幸いです。

ROM(関節可動域)エクササイズ

当センターが平成25年度より行なっています出張相談においても、多く相談を寄せられる「ROM(関節可動域)エクササイズ」について要点・要約をまとめました。
各関節ごと運動方法のご紹介をしています。臨床の現場で役立てていただけると幸いです。

iPadで認知症予防

皆さんは、iPadをご存じですか?
タブレット端末で画面をタッチするだけで仕事やゲームにインターネットと、ありとあらゆることができてしまう優れものなのです。若者だけでなく、今やシニア世代を対象にiPad教室が開かれるほどにまでなったのですが、当院のある八代市ではそういった教室は耳にしませんね。

さて、そのiPad。色々な使い方ができるのですが、これを使うことで認知症予防にも効果があるのではないか、と言われています。
その理由として「手先を使う」「目と手を同時に使う」ことが挙げられています。

また、同じ内容の繰り返しではなく、どんどん新しいゲームが作られていることも魅力でしょう。今回はiPadを使って「楽しく」トレーニングできるように4つのアプリのご紹介をしています。介護の現場で役立てていただけると幸いです。

お問い合わせ

八代地域リハ広域支援センターでは、相談窓口を設置しています。
ご相談の際は以下の相談依頼書をご記入の上、FAXかメールでお願い致します。 お気軽にご利用ください。
(担当:西田・長田)

FAX: 0965(33)8823(地域リハ広域支援センター総務) / 0965(32)4405(病院代表)
E-mail: k.r.h.pt@kumamotoh.johas.go.jp (地域リハ広域支援センター総務)