独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

集中治療部(ICU)

 当院では、特に胸部心臓血管外科手術や脳神経外科など、侵襲性の高い術後の管理に専門性の高い集中ケアを提供しており、八代地域の急性期医療、救急医療に貢献しています。

 また、モニタリング機器を駆使し、24時間絶え間なく観察を行い、全身管理やリスク管理に努めまています。

 ICUという閉鎖的な機械に囲まれた空間の中でも、スタッフが連携し、患者さまが人間らしい生活が送れるように、看護の専門性を発揮します。

 そのために、集中治療部長、主治医、当直医師、臨床工学技士、薬剤師、ICUスタッフとで毎朝カンファレンスを行っています。

  • 集中治療室(ICU)

    集中治療室(ICU)

  • カンファレンス中

    カンファレンス中

お知らせ

一覧へ

特色

コラムシステムについて

コラムシステム プルゴ
九州で初めて「プルゴ」(コラムシステム)を導入

九州で初めて「プルゴ」(コラムシステム)を導入しています。 現在、新築のユニット系では天井吊り下げが主流ですが、当院は既存施設を改修してのICU設置でしたので「天井部分の耐荷重」や「工期短縮」という観点からこのシステムを採用しました。

電源、ナースコール、モニタリング一式、酸素2か所、吸引3か所、空気アウトレット、無影灯のスイッチ、LED灯(読書灯)等を設置できます。 一般病棟では頭側の壁に付いているこれらを一本の柱に集約し、ケーブル類がまとまることで頭側の動線が確保されます。

ICUで使用されている機器

直ちに用いることができる状態にあることが必要な機器等

容態の急変に直ちに対応できるように、ICUで速やかに使用できる状態にあること。

  • 生体情報監視装置(心電図モニタ、観血式血圧モニタ、非観血式血圧モニタ、パルスオキシメータ、カプノメータ、呼吸数モニタ、体温モニタなど)
  • 救急蘇生器具一式(救急カート内に常備する器材、気管挿管用具、人工呼吸用バッグ・マスク、酸素吸入器具等)
  • 小外科セット(気管切開、胸腔穿刺、腹腔穿刺など)
  • 人工呼吸器
  • 除細動器
  • 血液ガス・電解質分析装置
  • 簡易血糖測定器
  • 心電計
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ
  • ポータブルレントゲン撮影装置
院内に適切に配置されることが必要な機器等

容態の急変に適切に対応ができるように、ICUを有する医療機関内に、配置されること。

  • 急性血液浄化装置(濾過器、透析器、血漿分離器、ベッドサイドコンソールなど)
  • 体外式ペースメーカ
  • 心拍出量測定装置
  • 気管支鏡や上下部消化管内視鏡
  • 超音波診断装置
  • CT装置・MRI装置
  • 脳波計
  • 体温冷却加温装置
  • 低圧持続吸引器
  • 血液加温器
  • 電気メス
  • 全血球数算定、C反応性タンパク・電解質などの基本的生化学検査、凝固時間及び交差適合試験を行える機器が当該医療機関内で24時間使用可能な状況であること。
  • 経皮的心肺補助(PCPS: Percutaneous Cardiopulmonary Support)装置、大動脈内バルーンポンピング(IABP: Intra-Aortic Balloon Pumping)装置も配置することが望ましい。

スタッフ紹介

橋本 正博

役職
集中治療部長

田頭 久代

役職
看護師長

高村 敦史

役職
師長補佐
看護師 25名
臨床工学技士 4名