HOME >> 診療科・部門 >> 放射線部

サポート部門

中央臨床工学部

 臨床工学技士とは1987年にできた国家資格で、医師の指示のもと生命維持管理装置などの医療機器を操作・保守・点検を行うことを主な業務としています。業務内容は施設や所属部署により様々です。当院では、患者さまの治療・検査に関わる「臨床技術提供業務」、生命維持管理装置を含む医療機器を安全に使用するための「医療機器保守管理業務」の大きく2つに分け業務を行っています。業務内容が多岐にわたるため、複数の診療科の医師、看護師、その他医療スタッフ、事務職員の方々と協力し、患者さまへよりよい医療を提供できるように日々の業務に取り組んでいます。

臨床工学技士紹介

部長 臨床工学技士 植田公昭
所属学会 : 日本臨床工学技士会、熊本県臨床工学技士会、日本体外循環技術医学会、日本人工臓器学会、
全国労災病院臨床工学技士会(理事)
認定・資格: 臨床工学技士、体外循環技術認定士、3学会合同呼吸療法認定士
主任 臨床工学技士 嘉悦昌吾
所属学会 : 日本臨床工学技士会、熊本県臨床工学技士会、日本体外循環技術医学会、
全国労災病院臨床工学技士会
認定・資格: 臨床工学技士、3学会合同呼吸療法認定士
臨床工学技士 千々和翔平
所属学会 : 日本臨床工学技士会、熊本県臨床工学技士会、全国労災病院臨床工学技士会、
日本心血管インターベンション治療学会
認定・資格: 臨床工学技士、心血管インターベンション技師(ITE)
臨床工学技士 川幡 優希
所属学会 : 日本臨床工学技士会、熊本県臨床工学技士会
認定・資格: 臨床工学技士

【臨床技術提供業務】

◯人工心肺業務(手術室)
主に心臓血管外科手術にて行います。全身から返ってくる血液を体外へ脱血し、心臓・肺をバイパスさせ人工肺にて酸素化した血液を全身へ送血します。またその他にも心筋保護ポンプの操作や血圧・体温管理など、心臓血管外科医師や麻酔科医師と協力して手術を行います。
◯術中自己血回収業務(手術室)
心臓血管外科、整形外科、外科等の手術で出血が予想される場合に用いられます。術野で出血した血液を回収し、分離・洗浄を行い濃厚洗浄赤血球として再度患者さまへ返血します。
◯血液浄化業務
体外に血液を脱血し、血液を浄化して返血する治療法で、当院ではCHDF、HD、PMX-DHP、LCAP、PE、CARTなどを施行します。
◯補助循環業務
自身の心臓のみでは血液循環を維持できない場合に、補助循環装置を用いて一時的に補助を行う業務です。導入、維持、緊急時対応、離脱を医師の指示の下、施行します。
◯運動誘発電位測定業務
運動誘発電位(Motor Evoked Potential:MEP)とは大脳皮質の運動野を刺激し、末梢の骨格筋から測定される活動電位を記録したもので、術後の運動麻痺を予防する目的で行っています。当院では整形外科や脳神経外科にて測定しています。
◯心臓カテーテル検査・治療業務
心臓カテーテル検査・治療(CAG、PCI、EVT、LVGなど)においてオペレーターの助手として必要な薬剤や物品の準備、手技の介助を行います。
このページのトップに戻る ▲

【医療機器保守管理業務】

生命維持管理装置や使用頻度が高い機器、またはそれらに準ずる医療機器の保守点検・補修を行います。
人工呼吸器や輸液・シリンジポンプ等を中央管理し、臨床工学技士が定期的に点検をすることでより安全に医療機器を使用することが出来ます。
管理機器リストを作成し、それぞれの点検計画、トラブル発生時の対処、取扱説明書及び添付文書等の管理を行っています。
看護部リスクマネージャーと協力し、使用中点検や安全情報周知、研修会参加を行っています。

このページのトップに戻る ▲

【その他業務】

臨床技術提供業務、医療機器保守管理業務には含まれない業務でそれぞれの機器の消耗品交換・補充や定期メンテナンス、設定確認、台帳記入やICUカンファレンス、手術室カンファレンス、術前カンファレンスへの参加など、各業務を円滑に進めるために行っています。
院内研修会や看護学校講義、関連学会や技士会への参加も行っています。

このページのトップに戻る ▲