HOME >> 診療科・部門 >> 中央リハビリテーション部 >> 八代地域リハビリテーション広域支援センター

サポート部門

八代広域リハビリテーション支援センター

 

責任者あいさつ

平成24年度から八代地域リハビリテーション広域支援センターで責任者をさせて頂くことになりました。 今年度は「介護予防医療」「地域包括支援センターとの連携」に加え、「情報の発信・共有」を図ります。 当センターのホームページを情報源として、地域のリハビリ従事者の方に「見たい」「役立つ」と感じて頂ける情報提供を行う予定です。 どうぞ、よろしくお願い致します。 担当責任者

西田充征
熊本県作業療法士会 八代ブロック長

地域リハビリテーションとは

 障害のある人々や高齢者及びその家族が住み慣れたところで、そこに住む人々とともに一生安全にいきいきとした生活が送れるよう、医療や保健、福祉にかかわるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力し合って行う活動の全てを地域リハビリテーションといいます。
熊本県では、平成12年度から地域リハビリテーションの体制を整備するために各圏域(熊本、宇城、有明、鹿本、菊池、阿蘇、上益城、八代、芦北、球磨、天草)に地域リハビリテーション広域支援センターを設置し、平成19年度からは高齢者の生活を支える地域包括ケアの中核機関として地域包括支援センターを市町村に設置しました。
八代圏域においては、当熊本労災病院が八代地域リハビリテーション広域支援センターに指定され、八代市・氷川町を対象に「介護予防・地域のリハビリテーション関係機関との連携」を念頭に置き、圏域内の地域リハの従事者の方に対して相談の対応や実技指導、研修会の開催、ホームページを使用した情報の発信等による知識・技術的支援を目的に活動しています。

このページのトップに戻る ▲

熊本県地域リハビリテーション推進体制

八代地域リハビリテーション広域支援センターの役割は?
1. 市町村等が行う介護予防事業等に対する支援
介護予防事業等への講師派遣などの人的支援
介護予防事業等に関する知識・技術の相談対応
2. 関係機関の従事者への支援
研修会の開催(年2回)
ホームページ上での情報発信
リハビリテーションに関する知識・技術の相談対応
3. リハビリテーション関係機関、団体との連携
連絡会議の開催
推進会議への参加
4. その他
運動器評価事業への協力・支援・参加
このページのトップに戻る ▲

研修会 関連情報

平成27年度地域リハ従事者研修会のご案内

出張相談 関連情報

現在、出張相談の案内はありません。

現地指導報告

日 時: 平成24年7月4日(水)

運動の必要性・注意点に関して

いすを使った上肢のIDアクティブストレッチ法

場 所: 八代市泉憩いの家
担 当: 熊本労災病院理学療法士1名、同健康運動指導士1名
内 容: 八代市ボランティア養成講座
キャリアボランティアさんのためのスキルアップ研修会
参加者: 八代市長寿支援課の方々
泉担当地域包括支援センターの方々
養成講座受講者
報 告
 平成24年度の八代地域広域リハビリテーション支援センター事業の現地指導第1回目の会場は、八代市と合併後、初めての泉町(旧八代郡泉村)でボランティア養成講座が開かれました。
今回参加された新人ボランティアを対象に「運動の必要性・注意点に関して」というテーマで、なぜ高齢者の運動が必要なのか、などの生理学的話から、やつしろ元気体操の注意点などを30分講話させていただきました。その後、キャリアボランティアのためにスキルアップとして「いすを使った上肢のIDアクティブストレッチ法」と題して、実技を行いながら20分講話を行いました。
大雨の続く日々の中、その日だけは天候に恵まれ参加者らは喜んでおられました。
このページのトップに戻る ▲

活動報告

平成28年度 第2回八代地域リハビリテーション従事者研修会 報告

11月16日(水)18時30分から、当院中央診療棟5階大会議室にて開催されました。

テーマ 『通所介護での認知症の方への関わり』
講 師 (株)シンパクト ケアサポートメロン 所長
作業療法士 元田 真一 氏

 熱意ある八代地域リハ従事者の方々に多数ご参加いただきました。熱意ある講師の方々に吸い込まれるような、熱い研修会となりました。
 講義内容は、『通所介護での認知症の方への関わり』として講義やワークがあり、ケアサポートメロンでの活動について紹介がありました。最近よく耳にする、「ホスピタリティ」とは区別化して、あえて「アナログ」な環境に設定し、利用者様同士でのコミュニケーションの活性化を図られているということでした。また、スタッフのホームで関わるのではなく、利用者様のホームにどんどん入っていき、利用者様の視点でサポートするという姿勢も、実例を交えて紹介がありました。
 元田氏の取り組みについては、八代地域リハ従事者も取り入れて活用したい内容であったと感銘の声が多数ありました。

研修会後アンケート

  • 講師の方の経営経験・現場など様々な視点から講話して頂き身近に感じる内容ばかりでした。もう一度、認知症の方を理解し対応する機会となりました。 <介護士、ヘルパー>
  • 業務優先にならないように気をつけていたと思っていたが、何らかの役割を見いだして、本人の為になるケアを行っていきたいと思いました。<看護師>
  • スタッフの当たり前、利用者様の当たり前が違うことを改めて感じた。主体的な生活を支援できるように工夫していく必要性を感じた。<施設リハスタッフ>
  • 今までは、業務優先でリハを行っている所があったなと感じました。生活動作の中でもっと考えることがあったと思いました。メロンでの活動をみてみたいです!<病院リハスタッフ>
アンケートでは、今後の支援センター研修会に対するご意見・ご要望も多数ありました。
今回頂いたご意見を参考に、今後も多くの方々のサポートが出来るように努めていきたいと思います。

平成29年度 第1回八代地域リハビリテーション従事者研修会 報告

8月7日(月)18時30分から、当院中央診療棟5階大会議室にて開催されました。

テーマ 『脳トレについて ~脳の脳力を上げる脳ハウ~』
講 師 独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院
作業療法士 小屋野明宏

 熱意ある八代地域リハ従事者の方々に多数ご参加いただきました。熱意ある講師の方々に吸い込まれるような、熱い研修会となりました。
 前回に引き続き、今回も平日の業務終了後の開催となりましたが、91名の介護・リハ従事者の皆様に足を運んでいただきました。90分間という研修時間でしたが、講師の笑顔や大きな声でのわかりやすい説明、見やすいスライド、身体を使った実技内容でした。仕事帰りで参加されたにもかかわらず、真剣に聞き入る姿は、八代地域リハビリ従事者の熱い思いを改めて知る研修会となりました。
 講義内容は、脳の司令塔である前頭葉にどのような刺激を入れると認知機能(認知症予防含む)や日常生活活動を維持・改善できるのかを、具体的な方法・取り組み方について講義や実技を交えて行っていただきました。実際の脳トレでは、二重課題を取り入れた、体を動かしながら実施する方法で、頭と体をトレーニングできる方法となっていました。

研修会後アンケート

  • 体験型だと分かりやすく、利用者さんにも具体的に説明しやすく良かったと思います。<介護士
  • ヘルパー>
  • 新しい情報等、たくさん紹介されていて参考になりました。<リハ>
  • 利用者様の自尊心などを考えながら楽しみをもって取り組めるよう、工夫していきたいと考える事が出来ました。<福祉関係>
  • 予防教室でもやってみたいと思う。<ケアマネ>
  • ・・・などのお声が寄せられました。
次回は平成29年11月29日(水)
テーマ:「摂食・嚥下障害について(仮)」
講師:独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院 言語聴覚士 畠山克隆
上記のテーマで、第2回研修会を予定しています。
今回、お寄せ頂いたご意見・ご要望を参考に、今後も八代地域のリハビリテーション従事者の皆様をサポートしていきます。
このページのトップに戻る ▲

運動器各種様式ダウンロード

生活機能チェックリスト (Excelファイル)
MNA栄養評価表 (PDFファイル)
SWEET16 (Excelファイル)
平成26年度測定マニュアル (Wordファイル)
平成26年度 個人評価シート (Excelファイル)

相談事例集

FAXにて・・・
7月28日(木)の第1回八代広域支援センター研修会「介護予防事業における運動器の評価について」に参加できませんでしたので、その時の研修会の資料はもらえますでしょうか?

はい。平成23年度第1回八代広域支援センター研修会「介護予防事業における運動器の評価について」の資料を郵送いたしました。詳細は以下を参照ください。
PDFダウンロード

電話にて・・・
7月28日(木)の第1回八代広域支援センター研修会「介護予防事業における運動器の評価について」に参加できませんでしたので、その時の研修会の資料はもらえますでしょうか?

  • Time up and go test の開始の基準と時間測定について
  • 開始は「ハイ」に統一します。時間測定は、0.コンマまで記載して、1秒未満の切捨てはしません。

  • 「介護予防事業における運動器の評価について」の基本チェックリスト、簡易栄養状態評価表、Sweet16も評価しなければならないのかの質問、及びSweet16の点数の記載について
  • 基本チェックリストは必須です。が、簡易栄養状態評価表、Sweet16は必須ではありません。Sweet16の14・15・16ですぐに答えられない場合に、ヒントを与えますが、点数は加算できないので0点となります。

メールにて・・・
高齢者の筋力向上トレーニング時におけるリスク管理と、膝・腰痛予防体操について、教えてもらえないでしょうか。

平成19年度第1回八代地域リハ従事者研修会資料を配布しました。詳細は以下を参照ください。
PDFダウンロード

メールにて・・・
利用者に対する高次脳機能障害についての指導をお願いしたいのですが。

資料としまして

  • 当支援センターニュースNo.29(特集:高次脳機能障害~概論)
  • 文献
  • 石合純夫:高次神経機能障害、(株)新興医学出版社、2001
  • 宇野 彰:高次神経機能障害の臨床・実践入門、(株)新興医学出版社、2003
  • 原 寛美監修:高次脳機能障害ポケットマニュアル、医師薬出版(株)、2006
  • 長谷川 賢一:高次脳機能障害、(株)建帛社、2002

をご紹介しました。

FAXにて・・・
PEG(経皮内視鏡的胃ろう造設術)についての情報がほしいです。

当支援センターニュースNo.29を配布しました。詳細は以下を参照ください。
PDFダウンロード

メールにて・・・
関節拘縮予防・改善に対する援助をお願いしたいのですが。

当支援センターにて、資料を配布し実技指導を行いました。
詳細は以下を参照ください。
PDFダウンロード

電話にて・・・
利用者に対する嚥下機能評価についての指導をお願いします。

当支援センターにて、資料を配布し説明指導を行いました。

  • 資料を配布して以下のことをご説明させていただいた。
  • 嚥下に関する諸器官
  • 嚥下のメカニズム
  • 嚥下障害の発見のポイント
  • 嚥下障害のスクリーニング(検査テスト)
  • 食事、摂食指導のポイント

メールにて・・・
支援センターニュースNo.28に掲載されていました転倒予防グッズに関する詳しい資料とかありますでしょうか?

以下に各商品の業者問い合わせ先、商品の値段について情報をのせています。
ご活用ください。

  • 転倒防止スリッパ「イルカスリッパ」
    サイズ22~26cm ¥2,800 + 送料代¥1,300 = ¥4,150
    サイズ27~28cm ¥3,300 + 送料代¥1,300 = ¥4,650
    (株)志賀商事 TEL:03-5694-7454

  • 転倒防止のステッキ :¥10,500
    ユニバーサル替えゴム: ¥5,040
    クロスケアジャパン(株) TEL:03-5477-9177

  • ヒッププロテクター(大腿骨頚部保護用)メップスター
    タイプにより、¥9,030 ~ ¥12,600
    (株)吉メディカル(北海道) TEL:011-855-7305
    FAX:011-855-7315

このページのトップに戻る ▲

リハビリテーション情報

杖と装具のチェックポイント

利用者様も使われている「杖と装具のチェックポイント」について紹介いたします。
日常場面で注意して頂くことで、ケガや転倒等の事故予防に繋がります。
役立てて頂けると幸いです。

《杖と装具のチェックポイント PDF》

ROM(関節可動域)エクササイズ

当センターが平成25年度より行なっています出張相談においても、多く相談を寄せられる「ROM(関節可動域)エクササイズ」について要点・要約をまとめました。各関節ごと運動方法のご紹介をしています。臨床の現場で役立てていただけると幸いです。

《ROM(関節可動域)エクササイズ PDF》

iPadで認知症予防

皆さんは、iPadをご存じですか?タブレット端末で画面をタッチするだけで仕事やゲームにインターネットと、ありとあらゆることができてしまう優れものなのです。若者だけでなく、今やシニア世代を対象にiPad教室が開かれるほどにまでなったのですが、当院のある八代市ではそういった教室は耳にしませんね。さて、そのiPad。色々な使い方ができるのですが、これを使うことで認知症予防にも効果があるのではないか、と言われています。その理由として「手先を使う」「目と手を同時に使う」ことが挙げられています。また、同じ内容の繰り返しではなく、どんどん新しいゲームが作られていることも魅力でしょう。今回はiPadを使って「楽しく」トレーニングできるように4つのアプリのご紹介をしています。介護の現場で役立てていただけると幸いです。

《ⅰPadで認知症予防(内容)PDF》

このページのトップに戻る ▲

お問い合わせ

広域支援センターへの相談・問い合わせ先
八代地域リハ広域支援センターでは、相談窓口を設置しています。
ご相談の際は以下の相談依頼書をご記入の上、FAXかメールでお願い致します。
お気軽にご利用ください。
(担当:西田・長田)
相談依頼書 (EXCEL)
FAX: 0965(33)8823 (地域リハ広域支援センター総務)
0965(32)4405 (病院代表)
E-mail: k.r.h.pt@kumamotoh.johas.go.jp (地域リハ広域支援センター総務)
このページのトップに戻る ▲