HOME >> 臨床研修医 >> 後期臨床研修

後期臨床研修

プログラムの特徴

 内科においては、臓器疾患別の臨床研修、外科・救急においては麻酔科分野の研修も併せて行うことができる。また、当院の特色でもある勤労者医療、産業医活動、職業別疾患医療についても学ぶことができる。
 なお、臨床研修の目標として、病院診療に関する基礎知識を習得し、医療の知識及び技術能力向上を養い、総合的診断能力の習得を目指すこと。また、医師としての社会的使命に理解を深め、人間の生命に関わる倫理、医療者としての人格の検証及び成長を掲げている。
後期研修採用 有り
採用人数 数名程度
外部採用の有無 公募、外部採用有り
当直時の勤務体制
(当直研修医数)
1人
採用方法の内容 --
このページのトップに戻る ▲