平成29年度 熊本労災 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
(症例数の集計条件は以下のとおりです)
  ・平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者であり、一般病棟 に1回以上入院した患者
  ・DPC対象外である自費(交通事故、分娩、治験、公害)、労災保険適用の患者は集計対象外
  ・入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児 は集計対象外

  ※同一傷病名において、治療内容が異なる場合、別のDPCコードへ符号化されるため、上位5位以外にも、同一傷病名に
  対する治療件数があります。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 885 196 166 305 356 721 1572 1924 1958 538
 この表は平成29年度の退院患者数(入院時年齢)を10歳刻みで集計しています。全体的には、入院患者数の約半数は70歳以上 が占めていますが、当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供していますので、10歳未満の小児患 者数が10.3%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 41 20.76 16.38 31.71 73.49
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 20.9 16.51 41.03 73.49
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 7.25 6.32 4.17 65.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 21 5.95 5.15 9.52 72.48
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 18 11.78 6.28 5.56 68.44
 脳神経外科、リハビリテーション科とともに脳卒中センターを構成し、八代医療圏の脳梗塞急性期の診断・治療・リハビリ・再発予防を行っ ています。また、てんかんや髄膜炎などの神経救急疾患やパーキンソン病などの神経変性疾患・神経難病に関しても、専門医療機関として、 診断・治療のアドバイスなどで幅広く病診連携を行っています。表中の疾患については、全国平均と比較し、平均在院日数はやや長くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 239 19.69 20.83 30.13 85.02
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 96 15.76 11.99 0 70.38
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 81 29.54 19.65 16.05 75.51
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 37 14.76 15.12 8.11 84.97
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 36 12.25 13.51 2.78 83.72
 呼吸器感染症、肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎など呼吸器疾患全般に関して、県南地域医療機関からの紹 介・救急患者に対応しています。また、肺合併症のリスクのある生物学的製剤の使用増加から、リウマチをはじめとした膠原病等については 整形外科、皮膚科等と協力しながら積極的に診療しています。さらに、高齢者の嚥下性肺炎の救急患者が増加していることから、経口摂 取の可否については、耳鼻咽喉科と共同して、嚥下評価を行い、治療しています。表中1位の誤嚥性肺炎については、症状改善後、施設 退院や他の連携病院へ転院する傾向が高くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 100 11.23 10.61 8 79.66
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 9.54 7.87 2.7 67.7
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 9.86 8.98 8.33 71.42
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 7あり 34 5.38 6.31 0 62.74
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 31 12.65 11.44 16.13 70.35
 消化管・肝胆膵の消化器疾患をほぼ全領域診療しています。消化管系では、通常の内視鏡検査のほか、診断精度を高める様々な内 視鏡検査及び処置、化学療法を行っており、その症例数は年々増加しています。肝疾患では、B型及びC型肝炎に対する最新の抗ウィ ルス療法を行っています。表中の1~2位の疾患については、全国平均と比較し、平均在院日数はやや長い傾向があります。
糖尿病・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 17 19.65 15.63 0 59.59
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 12 16.17 14.27 8.33 59.58
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 15.87 - -
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 12.49 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.16 - -
 糖尿病をはじめとした生活習慣病の診断・治療・教育を中心に、その他甲状腺機能異常・甲状腺腫瘍をはじめとした内分泌疾患の診 断・治療を行っています。当科だけではなく、他科入院中の患者様の血糖コントロール依頼も多く、回診を行うなどして、情報共有に努めて います。また、栄養サポートチームの一員として、患者様の栄養状態改善に積極的に介入するなど、チーム医療も心掛けています。表中の 疾患については、全国平均と比較し、平均在院日数はやや長い傾向があります。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 170 3.18 3.03 0 71.59
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 112 19.7 17.71 13.39 83.34
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 7.35 4.62 0 71.15
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 13.91 11.21 9.09 79.95
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 39 5.36 5.3 0 65.28
 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)や弁膜症、心筋症、心不全、不整脈などの心臓疾患及び動脈硬化と深い関わりを持つ高血圧 や高脂血症などの診断・治療を行っており、心臓リハビリテーションも積極的に実施しています。治療・処置後の外来診療はかかりつけ医で 行い、定期フォローアップ(検査)は当院で行っています。表中の1位の疾患は心臓カテーテルによる検査を実施しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 103 4.5 5.94 0 0.9
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 88 5.39 6.32 0 3.01
030270xxxxxxxx 上気道炎 78 3.83 4.84 0 1.31
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 76 4.05 5.5 0 2.53
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 54 4.37 6.03 0 2.54
 八代医療圏における小児医療の中核的な役割を担っており、子供たちが乳幼児期から思春期・青年期までを心身両面において良い形 で全うすることを願い、診療を行っています。また、当院産婦人科で出生した新生児の他、近隣の産婦人科医院から診療依頼の新生児も 引き受けています。医療圏内に小児の入院施設がなく、かかりつけ医からの紹介入院が大部分を占めています。全国平均と比較し、平均 在院日数はやや短い傾向があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 8.93 7.4 5.36 67.5
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 55 12.13 12.35 0 70.78
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 44 4.75 4.38 0 61.23
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 40 6.1 4.47 0 70.05
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 31 6.26 5.56 0 29.06
 消化器疾患、乳腺・甲状腺疾患、呼吸器疾患を主に診療しています。胆嚢炎、虫垂炎、腹膜炎などの急性疾患はもちろん、がん拠点 病院として、悪性疾患に対する手術や化学療法も幅広く行っています。また、救急患者の積極的な受け入れを実施しています。表中の疾 患について、可能な限り、腹腔鏡下、胸腔鏡下手術を取り入れています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 168 33.15 27.09 77.38 83.42
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 145 15.38 17.28 13.79 72.26
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 75 16.2 16.53 12 57.08
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 68 20.46 19.94 72.06 78.65
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1 なし 66 20.11 22.08 43.94 71.36
 脊椎外科、関節外科(鏡視下手術も含む)、手の外科、外傷(骨折、脱臼)に対する診療を行っています。また、時間外、緊急に対 応するよう体制を整えています。股関節大腿近位骨折では、術後、リハビリテーションのため、近隣の専門病院へ転院することから、転院率 が高くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 21 6.95 4.14 0 42.1
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 11.7 8.5 0 73
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 先天性耳瘻管摘出術 - - 3.79 - -
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし - - 8.58 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.29 - -
 熊本県南では、当院にしか設置されておらず、主に、先天性の奇形、後天性の変形などを形態的、機能的に修復、再建する科で、最終 的な目標として、社会に適応していただくことを目的としています。 また、シミ・アザ除去用レーザー治療も行っています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 26.06 19.1 79.41 75.35
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 9.28 9.68 17.24 80.31
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 23.67 21.36 58.33 74.75
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.34 - -
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 23.94 - -
 内科系と外科系で総合的に診療を行う体制を整えています。出血性疾患は当科、脳梗塞などの虚血性疾患に関しては神経内科が担 当しています。また、救急患者の積極的な受け入れを実施しています。脳出血やくも膜下出血などの脳血管障害は開頭手術、内視鏡手 術、大学からの応援による血管内治療などを行い、治療可能です。対象患者の多くは高齢者となっています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
胸部・心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 35 3.11 3.2 0 63.34
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 12 17.25 12.51 8.33 81.42
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 17.95 - -
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 28.04 - -
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 28.38 - -
 主に虚血性心疾患、弁膜症、心房細動などの不整脈、大動脈瘤や急性大動脈解離などの心臓大血管に対する外科的治療を行って おり、安全性および確実性を考えた治療を行っています。表中の1位の疾患は下肢静脈瘤の外科的治療を実施しています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 23 12.3 11.73 4.35 74.87
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 15 9.47 8.5 0 81.4
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.14 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.58 - -
 外来では、湿疹などの一般皮膚疾患に加えて、皮膚・皮下腫瘍の診断・小手術を行っています。また、入院では、帯状庖疹、蜂窩織炎 といった感染症、皮膚良性・悪性腫瘍の患者様を受け入れています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 46 9.11 7.31 2.17 78.87
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 27 8.74 12.34 3.7 73.3
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 26 10.58 9.73 3.85 76.04
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 21 3.24 5.39 0 55.05
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 14 11 11.31 0 75.86
 前立腺癌、前立腺肥大症、尿失禁、頻尿をはじめとして、副腎、腎臓、尿管および膀胱の悪性腫瘍、尿路結石、尿路感染症、小児の 先天性尿路奇形など、泌尿器科領域におけるあらゆる疾患の診療を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 9.18 6.18 0 0
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 40 13.38 9.91 2.5 45.73
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 33 3.36 4.75 0 56.82
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 32 4.47 4.98 0 62.53
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 29 11.97 9.67 0 31.55
 産科については、県内で8施設のみの地域中核病院に指定されており、産科だけでなく小児科や麻酔科など複数科のバックアップにより、 診療を行っています。合併症の無い分娩のみではなく、さまざまな合併症を伴う分娩、産科救急疾患の患者様も受け入れております。 婦人科については、不妊・生殖・内分泌、腫瘍(良性、悪性)等の主要分野を中心とし、婦人科全般を対象としています。良性腫瘍 (子宮筋腫、卵巣のう腫など)に対しては、クリニカルパスに基づいた入院手術を行い、治療困難な例や合併症を伴う例に対しては他科や他 部門と連携して集学的な医療を行っています。患者様にとって、負担の軽い腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を積極的に取り入れていま す。表中の1位の疾患は新生児に対する治療となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.3 - -
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし - - 8.58 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 当院の入院では主に、白内障に対する治療(手術)を行っていますが、この手術は平成29年度では、DPC対象外であるため、表には 計上されません。平成30年度からは、DPC対象となっています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 93 7.43 8.01 1.08 16.68
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 62 5.05 5.15 1.61 69.69
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 33 8.03 7.23 0 57.06
030428xxxxxxxx 突発性難聴 25 11.56 9.18 0 53.12
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 21 7.29 7.58 0 58.9
 耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頸部と広い領域を扱う診療科です。取り扱う疾患も中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎などの炎症性疾患、アレル ギー性鼻炎等の免疫疾患、難聴やめまい、嗅覚障害、味覚障害、顔面神経麻痺などの感覚器・神経障害、音声や嚥下などの機能障 害、睡眠時無呼吸症候群、悪性腫瘍を含む頭頸部領域の腫瘍性疾患等、多岐にわたる疾患を診察、治療しています。したがって、ほと んどの耳鼻咽喉科疾患の検査、治療を当院で完結できるように対応しています。表中の1位の疾患は扁桃炎に対する治療を実施していま す。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 - - 16 - 17 1 7
大腸癌 - 12 27 62 - 139 1 7
乳癌 - 11 - - - 12 1 7
肺癌 46 10 42 89 15 111 1 7
肝癌 10 10 - - - 43 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大がん(胃、大腸、乳、肺、肝)の患者数を初発のステージ毎(早期Ⅰ~末期Ⅳ)に分類しています。全国的に多い大腸及び肺癌 の患者様が当院でも多く治療されています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 12.55 63.61
中等症 130 14.64 78.93
重症 24 20.67 83.92
超重症 11 18.91 85.36
不明 - - -
 市中肺炎とは、日常生活をしていた人に発症する肺胞の急性炎症です。原因菌の多くは肺炎球菌、インフルエンザ桿菌で、インフルエン ザ流行期ではウイルス性の肺炎も頻度が高くなります。高齢になるにしたがって、重症化し、平均在院日数が延長する傾向があります。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 206 23.03 77.3 42.73
その他 14 22.29 70.57 2.27
 脳梗塞とは、脳内の細胞が壊死した状態のことを言います。その脳梗塞をICD10(傷病に関する分類)に基づき、区別し、表示してい ます。当院では、3日以内の急性期の脳梗塞の患者様が約94%を占めています。なお、超急性期(発症後4.5時間以内)の場合、t- PA療法(血栓溶解療法)を行うことがあります。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 109 0.24 2.38 0.92 67.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 102 1.07 13.55 7.84 79.29
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 29 1.66 10.07 10.34 69.34
K654 内視鏡的消化管止血術 23 0.43 13.04 13.04 77.7
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 5.6 11.9 60 75.2
内視鏡による手術が大半を占めています。K7211の手術の平均在院日数は約3日となっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 85 2.67 5.16 0 71.88
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 79 2.43 12.56 12.66 76.7
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 45 3.49 12.09 4.44 80.73
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 30 1.37 2.8 0 64.87
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.38 12.9 4.76 69.14
 狭心症、心筋梗塞、不整脈などに対するカテーテル治療を実施しています。また、「高速回転式ローテーショナルアテレクトミー」、「埋え込 み型除細動療法」などの新しい治療を積極的に取り組んでいます。
なお、県南では唯一の不整脈治療(K5951:アブレーション治療)も行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 腸重積症に対する整復術を行っています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 88 1.43 7.16 5.68 66.09
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 35 2.57 9.11 0 71.49
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.24 4.82 0 68.18
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 30 0.3 5.17 0 27.97
K6335 鼠径ヘルニア手術 29 1.83 4.59 0 71.69
 がん拠点病院でもあり、予定手術では、がんの手術が多くを占めています。また、緊急手術では虫垂炎、腸閉塞、急性胆のう炎に対する 手術が多くなっており、救急医療にも重点を置いています。また、患者様にとって、負担の軽い腹腔鏡下、胸腔鏡下手術を積極的に取り入 れています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 168 2.01 14.3 18.45 72.3
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 149 2.3 28.96 67.11 79.21
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 90 1.61 20.08 14.44 63.28
K0821 人工関節置換術(膝) 等 89 1.81 41.49 16.85 73.79
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 70 2.56 12.26 10 57.2
 脊椎外科、関節外科(鏡視下手術も含む)、手の外科、外傷(骨折、脱臼)に対する手術を多く行っています。時間外、緊急手術 に対応可能です。なお、大腿骨骨折では、術後、リハビリテーションのため、近隣の専門病院へ転院する傾向が多いため、転院率が高くなっ ています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0.43 9.71 0 72.57
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - - - - -
 主に先天性の奇形、後天性の変形などを形態的、機能的に修復、再建するための手術、皮膚がんの手術を行っています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 27 0.63 8.7 14.81 80.37
K164-4 定位的脳内血腫除去術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K1492 減圧開頭術(その他) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
 脳内出血に対しては、救命目的で開頭血腫除去、定位的血腫除去を行う場合があります。また、外傷による血腫除去術後は頭蓋内 圧(脳圧)をモニターし、コントロールすることで、救命率を向上させています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
胸部・心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-2 大伏在静脈抜去術 24 0.46 2.21 0 63.75
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 12 0.17 1.5 0 63.83
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 10 3.3 11 0 78.8
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
 人工心肺を用いない冠動脈バイパス術(オフポンプ心拍動下冠動脈バイパス術:OPCAB)やステントグラフト内挿術(血管内治療) などの低侵襲手術および通常の手術にこれらの低侵襲手術を組み合わせて行うハイブリッド手術にも積極的に取り組んでおり、ハイリスク症 例や緊急症例に対しても合併症や死亡率の低下を図り、術後のADL(日常生活動作)が損なわれないように治療をしています。表中の 1~2位および4位については、下肢静脈瘤に対しての手術となります。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.94 7.44 0 81.06
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0133 分層植皮術(100cm2以上200cm2未満) - - - - -
 皮膚悪性腫瘍の手術は主に入院で行っています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 55 1.62 9.02 1.82 78.36
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 27 2.04 7.7 3.7 76.33
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20 1.25 7.9 10 72.6
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 12 1.75 5.42 0 66.08
K830 精巣摘出術 11 3.73 6.82 0 78
 悪性腫瘍では腎癌、腎孟尿管癌、膀胱癌、前立腺癌などが中心で、早期診断・早期治療および、手術、放射線治療、化学療法を併 用した集学的治療により癌制圧に取り組んでいます。また、低侵襲手術として腹腔鏡下腎摘、腹腔鏡下副腎摘を行っています。加えて、 排尿障害に対しては、薬物療法を行い、無効例には主に内視鏡による手術を行います。当院では安全な手術、高齢者であってもカテーテ ルフリー、QOL向上を目指して、積極的に手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 52 1.5 12.63 1.92 48.9
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 30 1.53 6.23 0 45.43
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 27 1.3 10.52 0 32.22
K867 子宮頸部(腟部)切除術 18 1.22 3.44 0 36.72
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 16 3.06 9.88 0 32.13
 産科では、帝王切開術、婦人科では、良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣のう腫など)手術に対して、クリニカルパス(標準化)を使用し、治 療を行っています。また、治療困難な症例や合併症を伴う症例に対しては、他科や他部門と連携して集学的な治療を行っています。患者 様にとって、負担の軽い腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を積極的に取り入れています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 112 0.1 1.02 0 76.34
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K225-2 結膜腫瘍摘出術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
 入院では、白内障手術を行っています。入院期間の大部分は1泊2日となっています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 91 1.02 5.53 2.2 17.45
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 0.95 6 0 58.05
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 19 1.89 8.68 0 58.58
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 11 1 5.64 0 54.82
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 11 1 2.27 0 62.64
 緊急入院、緊急手術にも対応しています。また、睡眠時無呼吸症候群、悪性腫瘍を含む頭頸部領域の腫瘍性疾患等、多岐にわたる 疾患を診察、治療しています。平成29年度では、慢性扁桃炎などを対象とする口蓋扁桃手術を最も多く行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 35 0.41
180010 敗血症 同一 12 0.14
異なる 29 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 0.36
異なる 42 0.49
 DIC、肺血症では、入院契機と同一病名よりも異なる病名での発生率が高くなっています。当院では、重症患者様の受け入れが多く、こ れが原因の一つに挙げられます。なお、手術や処置に対しては、合併症が生じないよう努めていますが、合併症の可能性については、事前 に患者様へ説明したうえで、手術等の同意をいただくようにしています。
 ※表中の「-」は患者数が10未満の場合です。
更新履歴
平成30年9月28日 「病院情報」を公開しました。