独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

理念・沿革・概要

理念

良質で信頼される医療を目指します。

基本方針

  1. 地域の人々と働く人々の健康を守ります。
  2. 地域医療機関と連携を図り、急性期医療、災害とがんを中心とした高度専門医療を担います。
  3. 患者の権利を尊重し、患者中心の医療を提供します。

患者の権利

  1. 良質で安全な医療を平等に受けることができます。
  2. 自身の病気や医療内容について、十分な説明を受け、分からないことがあれば質問をすることができます。
  3. 詳しい説明を受け十分に理解した上で、検査や治療方法を自身で選ぶことができます。
    また、当院での治療計画を他院の医師に相談することができます(セカンドオピニオン)。
  4. 医療上得られた個人情報などのプライバシーは、保護されます。
  5. 自身の医療上の記録や情報の開示を求めることができます。

患者の責務

  1. 自身の病状や健康に関する情報を詳しく正確に伝えてください。
  2. 社会的ルールを遵守し、病院の規則、職員の指示を守ってください。
    他の患者の迷惑になるような行為は慎んでください。

熊本労災病院コンセプト

  1. 政策医療を担う公的病院として勤労者医療を推進することより、勤労者の方々の健康確保を寄与する。
  2. 地域の医療機関との連携及び機能分担に配慮し、救急医療及び急性期医療に積極的に取り組むことにより、地域医療に貢献する。
  3. 常に患者様の権利を尊重するとともに、医療における安全確保に最大の努力を払うことにより、職員一人ひとりが医療従事者に課せられた義務を的確に果たす。
  4. 熊本労災病院の提供する医療及びサービスの質の向上とその継続を図るため、全職員が一丸となって取り組む。

病院概要

熊本労災病院は、熊本県第二の都市である八代市に位置し、平成16年3月に開業しました九州新幹線「新八代駅」のすぐそばにあります。
八代地域は、「い草」の産地として全国的に有名ですが、数々の企業の工場が設置されている工業都市でもあります。熊本労災病院は、このような環境のもと労災医療を中心とする政策医療を担う病院として設置され、昭和29年2月より診療を開始しました。
現在は、労災医療はもとより勤労者の方々の健康を総合的にサポートする勤労者医療を実施するとともに、熊本県南地域における中核病院の1つとして救急医療をはじめとする地域の高度専門医療を担っています。

設立主体 独立行政法人 労働者健康安全機構
病床数 410床
診療科数 27診療科
1日平均外来患者数 593.3人
職員数 637名