HOME >> 診療科・部門 >> 集中治療部(ICU) >> ICUの医療機器

診療部門

集中治療部(ICU)

ICUの医療機器
直ちに用いることができる状態にあることが必要な機器等 (容態の急変に直ちに対応できるように、ICUで速やかに使用できる状態にあること。)
(1) 生体情報監視装置(心電図モニタ、観血式血圧モニタ、非観血式血圧モニタ、パルスオキシメータ、カプノメータ、呼吸数モニタ、体温モニタなど)
(2) 救急蘇生器具一式(救急カート内に常備する器材、気管挿管用具、人工呼吸用バッグ・マスク、酸素吸入器具等)
(3) 小外科セット(気管切開、胸腔穿刺、腹腔穿刺など)
(4) 人工呼吸器
(5) 除細動器
(6) 血液ガス・電解質分析装置
(7) 簡易血糖測定器
(8) 心電計
(9) 輸液ポンプ・シリンジポンプ
(10) ポータブルレントゲン撮影装置
院内に適切に配置されることが必要な機器等 (容態の急変に適切に対応ができるように、ICUを有する医療機関内に、配置されること。)
(1) 急性血液浄化装置(濾過器、透析器、血漿分離器、ベッドサイドコンソールなど)
(2) 体外式ペースメーカ
(3) 心拍出量測定装置
(4) 気管支鏡や上下部消化管内視鏡
(5) 超音波診断装置
(6) CT装置・MRI装置
(7) 脳波計
(8) 体温冷却加温装置
(9) 低圧持続吸引器
(10) 血液加温器
(11) 電気メス
(12) 全血球数算定、C反応性タンパク・電解質などの基本的生化学検査、凝固時間及び交差適合試験を行える機器が当該医療機関内で24時間使用可能な状況であること。
(13) 経皮的心肺補助(PCPS: Percutaneous Cardiopulmonary Support)装置、大動脈内バルーンポンピング(IABP: Intra-Aortic Balloon Pumping)装置も配置することが望ましい。
ICUの環境
医療機器の紹介

生体情報監視装置

心電図モニタ、観血式血圧モニタ、非観血式血圧モニタ、パルスオキシメータ、カプノメータ、呼吸数モニタ、体温モニタ、心拍出量計、頭蓋内圧力計等、ICUで患者さまの容態を24時間管理するための非常に重要な機器です。

監視モニタ 頭蓋内圧力計 心拍出量計

人工呼吸器 (Respirator, Ventilator)

様々な原因によって自己の呼吸では十分な換気が行えなくなった際に換気を補助する機器です。 また肺の損傷により血液の酸素化が必要な場合にも用います。

ベネット840

当院人工呼吸器の主力機器です。
ICUにおいてはすべて機種統一をしています。
機器の操作や回路関連の取り扱いにおいて、安全に使用できるように取り組んでいます。

∨60

非侵襲的陽圧換気(NPPV:Non-invasive Positive Pressure Ventilation)にて使用する人工呼吸器です。
NPPVとは、挿管をせずにマスクで換気補助をする方法です。
使用にあたっては「意識清明で協力的」や「喀痰排泄ができる」等の条件がありますが、挿管下人工呼吸で起こる様々なリスクを回避、軽減することができます。

補助循環装置 (IABP:intra aortic balloon pumping)
補助循環装置 (PCPS:percutaneous cardiopulmonary support)

IABP (大動脈内バルーンポンピング)

下行大動脈にバルーンを入れてこれを心臓の拡張期に膨張させ、拡張気圧を上げて冠動脈血流を増やし、又心臓の収縮期にこれを収縮させて、心臓の後負荷(大動脈圧)を軽減させる働きを有する機器で、当院ではICU、カテ室にそれぞれ1台ずつ設置しています。

PCPS(経皮的心肺補助)

経皮的に大腿静脈から脱血し、静脈血を酸素化(人工肺)して、送血ポンプ(遠心ポンプ)を用いて大腿動脈に送血します。
心補助と肺補助を行う機器です。

輸液ポンプ (Infusionpump)

ICU内で一番使用頻度の高い医療機器です。
九州初上陸で、全国でも2番目に導入された最新機種の輸液・シリンジポンプで、アンチフリーフロー機構や様々な安全機構を内蔵しています。

除細動器 (Direct Current Defibrillator)

心室細動や心室頻拍等の不整脈に対し、電気的な刺激を与えることで除細動や同期性通電を行う機器です。
当院ICU内に設置している機種は、AED機能や経皮ペーシング機能を搭載したものです。

⑨ 体外式ペースメーカ (Temporary Pace maker)

徐脈の一時的な治療や徐脈の予防・ペースメーカの植込み手術までの短期的な徐脈治療などを目的とした機器です。
心房・心室両方を刺激出来るデュアル式の体外式ペースメーカをICUには2台設置しています。

血液ガス・電解質分析装置

ICU内に血液ガス・電解質分析装置を設置しています。24時間検査可能で電子カルテとの連携も可能です。

急性血液浄化装置

CHDF(持続緩徐式血液透析濾過)やHA(血液吸着)、PE(単純血漿交換)、DFPP(二重濾過血漿交換)、CART(腹水濾過濃縮再静注法)など様々な血液浄化療法に対応出来る装置です。

その他

超音波診断装置 心電計 血液加温装置
このページのトップに戻る ▲