HOME >> 診療科・部門 >> 放射線科

診療部門

放射線科

概 要

 放射線科における診療内容の中心は、各種断層写真の評価および管理を行う画像診断と呼ばれる分野です。現在の医療においては、的確な診断を行うために画像診断は必要不可欠な手段であり、当院では放射線科医4名で業務にあたっています。また日本放射線科学会が定める放射線科専門医修練機関に認定されており、当院の画像診断専門医はいずれも研修指導者の資格を有し、後進の放射線科医や臨床研修医の指導にも力を注いでいます。
 現在全てのCT・MRI・核医学検査における画像診断報告書を翌診療日までに作成し、画像診断管理加算2を取得しています。平成25年4月には、放射線治療装置を更新し、最新の放射線治療を提供しています。平成28年4月には既存の3.0T MRI装置に加え、1.5T MRI装置を導入し、検査予約の大幅短縮および検査のニーズに合わせたMR画像を提供できる体制となりました。
 平成29年1月から、熊本県初の2管球CTが稼動しています。熊本県南地区をはじめ医療圏のニーズに応えられるような国内でも最高峰レベルのCT装置ですので、臨床のみならず研究部門でもその力を発揮すると期待しています。

 主な検査機器紹介へ >>

特 色

 放射線科の診療内容には大きく2つの柱があります。画像診断および放射線科的治療です。
 画像診断の範疇は、単純X線撮影、超音波検査、CT・MRI・RI装置などの断層撮影を始め、血管造影など多岐に渡ります。つまり、あらゆる診療科における多様な病気が、画像診断の対象になります。
 放射線科的治療(放射線科の特徴を生かした治療の分野)では、高エネルギーX線を用いた放射線治療や、最新型X線CTや血管造影の技術を応用した診断/治療(インターベンショナルラジオロジー;IVR)を行っています。
 放射線治療については、10MV-X線(通常のX線撮影のおよそ100倍のエネルギーを持つ高エネルギーX線)の最新治療装置を用いて、悪性腫瘍などの治療を施行しています。
 IVRについては、血管内にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、管を通じて薬や塞栓物質を入れることにより、肝細胞癌に対する化学塞栓療法や、外傷もしくは腫瘍破裂で生じる腹腔内出血に対する止血処置を行っています。その他、X線CTを利用したCT下肺生検やCT下ドレナージ、さらに大動脈瘤におけるステントグラフト治療も可能です。
 このように放射線科は、現代の医療における診断・治療の面で重要な位置を占めている診療科のひとつです。

このページのトップに戻る ▲