HOME >> 診療科・部門 >> リハビリテーション科

診療部門

リハビリテーション科

概 要

 近年、リハビリテーションに関する話題・情報等を新聞やTVなどの各種媒体で目にする機会が多いと思います。
 このリハビリテーションの意味するところは、様々な疾患や外傷によって生じた障害に対して、その評価・治療を行い、患者が日常生活動作(ADL)を自立して行い、かつ、日常生活関連動作(IADL、買い物・調理・洗濯・掃除など)も快適に遂行でき、介助量を軽減し、ひいては、QDL(生活の質)を高める、あるいは複学や復職を果たすところにあります。
 当院は、急性期脳血管疾患のリハビリは元より、整形外科疾患、脊髄損傷、神経筋疾患、その他の内部障害など様々な急性期を中心としたリハビリテーション医療に取り組んでいます。

特 色

 当院は、リハビリテーション総合承認施設であり、地域のリハビリテーション病院中核として入院及び外来診療を行っています。
 スタッフは専任医師2名(リハビリテーション科専門医1名、認定医1名)、看護師1名、理学療法士9名、作業療法士4名、言語聴覚士3名、診療助手2名、事務1名で構成されています。
 概要に記載のある急性期リハビリテーションだけでなく、義肢・装具療法や嚥下障害・小児疾患のリハビリなども幅広く実施しております。
 入院リハビリテーションとしては、ベッドを有し、家庭復帰を前提とした各種疾患の機能回復訓練や家屋環境調整に重点をおいています。

<専門疾患領域>
・脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷(高次脳機能障害)、嚥下障害、神経筋疾患
 骨関節疾患、小児疾患、四肢切断

<検査・治療など>
・理学療法、作業療法、言語療法、義肢・装具政策、高次脳機能検査、嚥下造影検査(VF)
 嚥下内視鏡検査(VE)、ボトックス使用による上肢・下肢緊縮治療

このページのトップに戻る ▲