診療部門

眼科

 目は身体の中のほんの小さな部分を占めるに過ぎませんが、見る事により得られる情報は全ての情報の90%ともいわれています。この目の病気には色々なものがあります。

 見え方の悪くなる病気(白内障や眼底疾患)、かゆみや腫れを起こす病気(ものもらいや結膜炎)、痛みを起こす病気(さかまつげやドライアイ)など色々あります。

 このような自覚症状がある病気の他に、糖尿病性網膜症、緑内障、網膜剥離など自覚症状が少なくて、症状がはっきりと現れるころには手遅れな(元には戻せない)病気もあります。残念ながら現在の医療では進行をとめられない病気もありますが、早期発見・早期治療により良好な視力を保つ事が出来る場合もあります。

 当院では一般的な眼科全般の診療を行っております。糖尿病や高血圧症で治療中の方や、40歳以上の方で眼圧検査など、緑内障についての検査を受けたことのない方は是非お勧めします。

 眼科受診の時には、眼底検査のため散瞳(ひとみを大きくする)検査をします。5時間程度まぶしい状態になりますので、その間、運転ができません。また、緑内障の検査のためには視野検査が必要です。緑内障が疑われた場合は後日再検査をさせていただきますのでご了承下さい。

加齢性黄斑変性症に対する治療について

 加齢黄斑変性症が近年増加傾向にあります。見たいところの中心が歪んだり見えにくい場合はご相談下さい。以前は治療が出来ない病気でしたが、加齢黄斑変性症のタイプによっては注射によって進行を遅くしたり止めたりできるようになってきました。

 熊本県下で、この注射を導入している施設はまだ少ないのが現状ですが、当院では大学病院や近医眼科と連携をとり、この注射に積極的に取り組んでいます。

このページのトップに戻る ▲