HOME >> 診療科・部門 >> 形成外科

診療部門

形成外科

概 要

 形成外科は、あまりなじみのない科ですが、熊本県南では、熊本労災病院にしか設置されていません。
施設としては、日本形成外科学会認定施設および日本熱傷学会熱傷専門医認定研修施設となっています。

特 色

 主に、先天性の奇形、後天性の変形などを形態的、機能的に修復、再建する科で、最終的な目標として、社会に適応していただくことを目的としております。 H.23.12から、シミ・アザレーザーも入って、治療を行っています。主な疾患は以下の通りです。

救急

  • 顔面外傷(上顎骨、頬骨、下顎骨、鼻骨骨折含む)
  • 熱傷(初期の局所、全身管理から瘢痕まで)
  • その他(主として剥脱創、皮膚欠損創)
  •  

先天異常

  • 唇裂、口蓋裂(言語障害を伴う)
  • 頭蓋、顔面(耳介、眼瞼、鼻、顔面骨など)の奇形
  • 母斑、血管腫、その他の皮膚腫瘍
  • 手足の先天異常(多指症、合指症)
  • その他(陥没乳頭、胸筋欠損など)

後天性変形

  • 熱傷、外傷後の瘢痕、瘢痕拘縮
  • 各種皮膚潰瘍(褥瘡など)
  • 陳旧性顔面骨骨折(鞍鼻、斜鼻など)
  • その他(陥入爪など)

悪性腫瘍

  • 顔面の癌摘出や術後変形の再建
  • 乳癌切除後の乳房再建
  • 放射線照射後の難治性潰瘍の修復
このページのトップに戻る ▲