独立行政法人 労働者健康安全機構 熊本労災病院

外科
(消化器外科・一般外科、呼吸器外科、乳腺外科、小児外科・移植外科)

特色

消化器外科・一般外科

担当医師 富安、飯坂、藏元、辻
対象疾患 主に食道・胃・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・脾臓など腹部疾患、ヘルニア、肛門疾患、体表、外傷など
診療内容

 国指定の地域がん診療連携拠点病院として質の高いがん治療の提供と365日24時間熊本県南の救急患者さんの受け入れを2本柱で行っています。外来は、毎日行っています。消化器外科では、手術数は年間約500例です。このうち悪性疾患は胃がんが20例と大腸がんが60例 、肝胆膵がんが約40例で乳がんが20例ほどです。良性疾患では胆石が約 120例ともっとも多く、そのほとんどは腹腔鏡下で手術を行っています。次にヘルニア(鼠けい部、腹壁等)約110例、急性虫垂炎50例、腸閉塞40例、肛門疾患30例の順です。虫垂炎やヘルニア手術はほとんどが腹腔鏡下手術を取り入れています。

 予定の手術(待期手術)ではがんや胆石症、鼠径ヘルニアの手術が多く、緊急手術では、全手術症例の実に4割以上を占め、急性胆のう炎、急性虫垂炎、腸閉塞・腹膜炎が多い現状です。

 鏡視下手術に力を入れており、胃・大腸・鼠径ヘルニア手術のみならず肝臓・膵臓の内視鏡外科手術や肝胆膵外科の高難度手術も行っています。県南では唯一、内視鏡外科技術認定医・肝胆膵高度技能指導医が在籍しており、ハイボリュームセンターに負けない手術とグローバルスタンダードな治療・手術を目指して、手術・救急医療に邁進しております。

呼吸器外科

 当科の主たる対象疾患である肺癌は、罹患数及び死亡数が今後増加することが予想されています。以前は治療が困難でしたが、手術手技や抗癌剤の発達により、現在では根治や延命が可能となってきています。

 当院では、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、病理診断科、リハビリテーション科が連携し、多方面から肺癌および呼吸機能を評価し、最善の集学的治療を提供いたします。

 外来日は、水曜日、金曜日の午前中ですが、手術などと重ならなければ随時診察いたします。

担当医師 柴田、隈元
診療内容
  • 当院では、呼吸器内科、放射線科、病理診断科と連携し、正確な診断、病期の決定を行い、手術が必要な患者さんには速やかに手術を行います。また、術後に抗癌剤治療が必要な患者さんには、継続的に治療を行っていきます。
  • 手術においては、小さな傷で、患者さんへの負担軽減を目指す胸腔鏡下手術が主体となっております。当院でも、胸腔鏡下手術を積極的に行い、周術期の疼痛の軽減、早期退院、日常生活への早期の復帰を目指しております。
  • 肺を切除するということは、肺の機能を低下させます。当院では、術前・術後のリハビリテーションを行い、手術による日常生活の質の低下を最小にし、普段の生活への復帰をスムーズに行うよう、リハビリテーション科と連携して診療にあたっています。
  • 肺癌以外にも、胸腺腫などの縦隔腫瘍、肋骨腫瘍などの胸壁腫瘍などにも、積極的に手術を行っております。
当科の主たる対象疾患
当科の主たる対象疾患

乳腺外科

担当医師
対象疾患 主に乳癌、乳腺良性腫瘍(線維腺腫、葉状腫瘍)、乳腺炎など
診療内容

 外来は火曜日、木曜日の午前中に行っています。特に検診要精査及び紹介にによる精査依頼については、受診当日に画像検査そして検査結果を説明するように努めていきます。乳癌治療には手術療法、薬物療法として放射線療法があります。手術は乳癌の病状と患者様の希望を総合判断して、手術形式を決定していきます。手術後の補助薬物療法に関しては乳癌診療ガイドラインに準拠することを基本とし、再発リスク減少を目標に標準治療を実践していきます。一方、再発治療に関しては、標準治療である薬物療法を基本としますが、期待される治療効果、経済面、薬剤の副作用そしてQOLについて、それぞれの患者様の希望を尊重し、緩和治療を併用した治療方針を決めていきます。

小児外科・移植外科

担当医の、熊本大学での長年の診療経験を基礎に開設した診療科です。

担当医師 猪股、大矢
対象疾患 (小児外科)
対象年齢:
新生児から概ね中学生くらいまでのお子さん
対象疾患:
種々の先天奇形に伴う新生児の外科的疾患。鼠径ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫など。痔瘻、裂肛などおしりの問題。便秘症。内臓や体表の腫瘍。でべそや異常な分泌物などの臍の問題。胃食道逆流や食道狭窄。その他、急性虫垂炎、外傷、腸重積、異物誤飲などにも対応いたします。
対象疾患 (移植外科〈肝臓移植の相談と術後ケア〉)
対象年齢:
小児から70才程度まで
対象疾患:
肝硬変、劇症肝炎、代謝性疾患など。
診療内容

外来は月・水曜日の午前中に行っています。予め来院予定をお電話で外科外来あていただけると確実です。
小児外科は、上記の疾患に対する、相談の対応、術前の診察、手術、術後のケアを行います。
移植外科は、肝臓移植の相談、術前の評価、移植施設への紹介、術後のケアを行います。

専門医と連携したデータベース事業について

当院では、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が行っている日本全国の外科系施設における外科症例の全数把握を目的としたデータベース作成に参加しております。

労災病院外科共同研究について

 熊本労災病院外科では、「若年性胆管がんにおける遺伝子解析」をテーマに釧路労災病院と共同研究を行っております。
研究目的としては、印刷工場従業員の胆管がんの発症が通常の2900倍に上がることが判明、とくに若年性(50歳未満)に発生するという特異的な病気です。胆管がんは、発病すると短時間で重篤な状態に陥るという極めて重い病気です。現在、全国にどのくらいの患者さんがいるかなどの疫学調査が進められており、我々労災病院として過去の527万件の病歴と279万件の職業歴調査データベースをもとにこれまでの胆管患者さん517人を抽出し、なぜ印刷業にそしてなぜ若い人に胆管がんが高率に発症したかを調査しました。

スタッフ紹介

富安 真二朗

役職
消化器外科部長
専門分野
肝胆膵外科、内視鏡外科、消化器外科
所属学会
日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会指導医(高度技能指導医、評議員)、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医・指導医(暫定教育医)、第15回全国済生会臨床研修指導医のためのWS受講済、内視鏡外科学会、アメリカ消化器内視鏡外科学会(SAGES)active mamber、米国外科学会Fellow(FACS)、日本臨床外科学会、日本癌治療学会、日本胃癌学会、JATECコース修了、日本胆道学会、日本膵臓学会、門脈圧亢進症学会、緩和ケア研修会修了、日本医師会認定産業医

飯坂 正義

役職
一般外科部長
専門分野
一般外科、消化器外科、内視鏡外科
所属学会
日本外科学会認定医・専門医、日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医、第6回熊本大学医学部附属病院群臨床研修指導医WS受講済、日本消化器内視鏡学会、日本静脈経腸栄養学会、緩和ケア研修会修了、日本消化器外科学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器病学会、日本救急医学会、JATECコース修了、日本臨床外科学会、MCLSプロバイダー

藏元 一崇

役職
第二消化器外科部長
専門分野
一般外科、消化器外科、内視鏡外科
所属学会
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医、消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

辻 顕

役職
消化器外科医師
専門分野
一般外科
所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会

林 裕倫

役職
乳腺外科部長
専門分野
乳腺外科
所属学会
日本乳癌学会乳腺専門医・乳腺指導医、日本外科学会専門医・指導医、日本乳房オンコプラスティックサージャリ―学会乳房再建責任医師、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィー認定医(A判定)・乳房超音波医師講習会(A判定)、日本がん治療認定機構がん治療認定医、緩和ケア研修会終了、新リンパ浮腫研修修了、臨床研修指導医講習会終了、デジタルマンモグラフィーソフトコピー診断講習会終了、麻酔科標榜医、日本癌治療学会、日本乳癌検診学会、日本内分泌外科学会、日本臨床外科学会、日本リンパ浮腫学会

柴田 英克

役職
呼吸器外科部長
専門分野
呼吸器外科
所属学会
外科学会専門医、気管支鏡専門医・指導医、呼吸器外科専門医、日本がん治療認定医機構認定医、がんのリハビリテーション研修修了

隈元 清仁

役職
呼吸器外科医師
専門分野
呼吸器外科
所属学会
日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会

猪股 裕紀洋

役職
院長
専門分野
一般外科、消化器外科、小児外科、移植外科
所属学会
日本外科学会(代議員、指導医、専門医)、日本移植学会(評議員、移植認定医)日本小児外科学会(監事、評議員、指導医、専門医)、日本消化器外科学会(指導医、認定医)、日本肝胆膵外科学会(理事、評議員)、日本肝移植研究会(世話人)、日本小腸移植研究会(世話人)、日本胆道閉鎖症研究会(幹事)、日本小児肝臓研究会(運営委員)、日本小児血液・がん学会(小児がん認定外科医)、日本がん治療認定医機構 暫定教育医、日本小児消化器栄養肝臓学会小児栄養消化器肝臓認定医、社会医学系専門医・指導医、日本小児科学会、日本肝臓学会会員、環太平洋小児外科学会会員、米国移植学会会員、世界移植学会会員、国際肝移植学会会員
公的委員
厚生労働省厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会委員

大矢 雄希

役職
小児外科部長、小児外科・移植外科部長
専門分野
一般外科、小児外科、移植外科
所属学会
日本外科学会(専門医)、日本移植学会移植認定医、日本小児外科学会(評議員)、日本小児栄養消化器肝臓学会会員、日本小児肝臓研究会会員、日本消化器外科学会会員、第 16 回熊本大学医学部附属病院群臨床研修指導医研修ワークショップ修了、緩和ケア研修会修了、平成 29 年度厚生労働省委託事業 患者の意向を尊重した意思決定のための研修会修了

治療実績

外科手術総数の月別推移

外科手術総数の月別推移

平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予定 29 24 20 24 21 33 26 28 23 26 45 33
緊急 23 22 27 17 22 13 28 23 24 21 22 22
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予定 26 25 29 34 29 20 34 38 30 35 26 29
緊急 17 20 22 26 23 22 12 28 27 23 24 17
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予定 22 17 17 18 14 25 26 23 21 34 27 23
緊急 9 9 13 18 26 17 30 18 15 21 20 20

手術内容

手術内容

  胃がん 大腸がん 肝胆膵がん 乳がん 胆石症 ヘルニア 急性虫垂炎 腸閉塞 その他
件数 13 67 33 17 111 75 67 50 163