HOME >> がん診療


治療と仕事の両立支援

"病気になっても働き続けたい"
熊本労災病院は、悩みをお持ちの方と共に考え、
サポートしていきます。

治療と仕事の両立支援って?

 がんなどの病気になってしまった時、仕事を休めないといった理由で十分な治療ができなかったり、病気の治療を理由に仕事を辞めてしまったりすることがあります。

 当院では、休業からの職場復帰や治療と仕事の両立をサポートすることを目的として、平成26年4月から「治療就労両立支援部」を設置し、専門の「両立支援コーディネーター」が支援を行っています。

両立支援コーディネーターの役割は?

 患者さんやご家族が治療と仕事の両立を希望する場合、通常は、患者さんご自身が「医療機関」と「職場」と調整する必要がありますが、「自分の病状や今後の治療について、的確に職場に伝えられるだろうか?」「どのような業務内容であれば治療をしながら行ってもよいのだろうか?」…など、様々な問題や不安があり、十分に職場等と連携、情報共有ができず、結果として仕事を継続できないといったことにつながる可能性があります。

 当院では、両立支援コーディネーターが、患者さんやご家族のお悩みを聞き同意を得た上で、 「患者さん」を中心として、「医療機関」(診断・治療の見通しなどの情報)と、「企業」(職場環境の情報、業務内容の配慮等)との3者間とをつなぎ、円滑な情報の共有と両立に向けた調整が行えるよう支援しています。

両立支援図-1

熊本労災病院の両立支援体制は?ページトップ▲

 両立支援コーディネーターは、医師(主治医等)、看護師(がん相談員等)、リハビリテーション部(職場復帰のためのリハビリ等)と連携し、「熊本労災病院両立支援チーム」として対応します。

 また、患者さんの同意を得た上で、熊本産業保健総合支援センターとも連携し、必要に応じて事業場との調整等も行います。

 仕事との両立でお困りの方は、両立支援コーディネーターだけでなく、院内の医師や看護師、リハビリテーション技師等へもご相談できます。

両立支援図-2

両立支援相談窓口についてページトップ▲

 平成29年4月から、熊本産業保健総合支援センターと連携して、がんで治療されている方からの相談対応を行うため、地域医療連携室に「両立支援相談窓口」を下記の時間帯で開設しています。お気軽にご相談ください。

日時:毎週火曜日 8:15~12:15
場所:地域医療連携室(両立支援コーディネーター)
※窓口開設時間外でも相談は可能です。
※お電話での相談も可能です。
両立支援図-2
【お問合せ先】
熊本労災病院 治療就労両立支援部(地域医療連携室)
TEL(0965)33-4151
※両立支援に関する情報は以下のサイトでも紹介されています。

独立行政法人労働者健康安全機構ホームページ
https://www.johas.go.jp/ryoritsumodel/tabid/1013/Default.aspx

熊本産業保健総合支援センターホームページ
http://www.kumamotos.johas.go.jp/ryouritsu/ryouritsu_a.html

治療と仕事の両立支援セミナーページトップ▲

治療と仕事の両立支援セミナー
このページのトップに戻る ▲